2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2018年5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
が定休日です。
(出荷は月〜金の営業日のみ行っております)

江戸屋 > TOP > ドライフルーツ・ナッツの成分とお話 > ミックスベリー

ミックスベリーのお話 成分とレシピ
美味しく食べて健康になろう!

○ミックスベリーのお話
ミックスベリーはブルーベリー・クランベリー・カルフォルニアレーズンの3種類のレーズンがミックスされたドライフルーツです。ブルーベリーは瞳・クランベリーはコレステロール・レーズンはエネルギーと、それぞれの良さを一度に味わえる商品です。ここでそれぞれの特徴をご紹介しましょう。

ブルーベリーとは・・・
ルーべリー(ビルベリー)には多くの種類がありますが、どれにも共通するのは「アントシアニン」という物質を含んでいることです。アントシアニンには網膜にある光を感じる色素「ロドプシン」の合成を促進する効果があり、目の疲れを解消する効果が高いと言われています。

その中でも、北欧に自生しているビルベリーと呼ばれる野生種は、アントシアニンの含有量が極めて高いのが特徴です。他のブルーベリーでは皮にしか含まれていないアントシアニンが果肉にも豊富に含まれています。
長時間ディスプレイを見続けることで、目の乾きや疲れ、視力の低下を感じている人、夜に車を運転する事が多い人にとっても癒しのハーブです。

アントシアニンには、目に良い効果がもう一つあります。それは、目の毛細血管を穂がする作用です。
人の目の背後には電気信号を脳に伝える為の視神経と共に、目に血液を供給するための血管が出入りしています。眼動脈と網膜動脈が左右の目に血液を送り込み、眼静脈と網膜静脈が血液を送り出します。網膜に広がっているこれらの血管は、年をとるにしたがって弾力を失って脆くなってきます。その結果、血液が血管から染み出すようになります。アントシアニンには、この血液の浸透を抑える血管保護作用があります。

クランベリーとは・・・
クランベリーは古くからアラスカの内陸インディアンの間で重要な営業源として食されてきました。カリブーやムースを追う狩猟民族である彼らにとって、それは貴重な食物繊維の摂取源でした。
ブラックベアやグリズリーなどの冬ごもりのための大切な食料として、ブルーベリーやクランベリーは欠かせぬ植物です。北国の生命を繋ぎ止める命の果実、それがクランベリーと言えるでしょう。新大陸発見の以前から、ネイティブアメリカンの間で生薬として愛用されてきた、北米原産の果実です。

クランベリーは北米、しかもニューイングランドなど寒冷地が原産の、ツツジ科ツルコケモモ属の植物です。
その名は、花が鶴(Crane)に似ていることに由来します。ベリーと言う名前から、ブルーベリーのようなブッシュ(灌木)になる実を想像するかもしれませんが、こちらは上へは伸びず、地面を這う慢性の枝に実をつけます。

クランベリー特有の鮮やかな赤色は、アントシアニンによるものです。アントシアニンは天然の抗酸化物質で、生のクランベリー100g当たり30〜50g以上とふんだんに含まれています。抗酸化作用とは、体に入った酵素の一部が活性酸素になり、コレステロールが悪玉として働くための、酸化LDLに変化するのを防ぐ作用のことです。
抗酸化作用を持つ物質は、いずれもこの過程に関与し、酸化LDLの生成を阻止しようと働きます。
中でもアントシアニンは特に強力な抗酸化作用を有しており、各種の感染症予防に役立つことが分かりました。
ネイティブアメリカンから開拓者へ受け継がれた民間薬としての効き目に納得がいきます。

レーズンとは・・・

レーズンは、古来から有益な栄養源として人々に愛され続けています。

レーズンは約70%の果糖・ブドウ糖を含み、これらは砂糖のしょ糖より吸収されやすいため、効率のよいエネルギー源になります。アメリカでは、クイックエネルギー(即効性のある栄養食品)としてスポーツにも利用されています。そのまま朝食やスナックに、登山やマラソンなどのスポーツに、レジャーの携帯食に、また保存性が高いため緊急時の常備食にも最適です。加えて、この糖分は、料理の甘味料として使用できます。

塩分の多い食事のバランスを改善する成分としても注目されている、カリウムを豊富に含みます。他に、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、マンガンなどのミネラルをほどよく含みます。逆に脂質は低く、気になるコレステロールはゼロです。

近年の調査・研究では、がんや心臓疾患など生活習慣病のリスクを低減する成分を含むことがわかってきました。

○ミックスベリーの成分(100gあたり)
エネルギー 335kcal 2.3mg ビタミンE 0.6mg
たんぱく質 2.7g マグネシウム 31mg 0.06mg
脂質 85.3g カリウム 740mg リン 9.2mg
糖質 80.7g ビタミンA 101mg 灰分 0.2g
食物繊維 6g ビタミンC 0.5mg 水分 12g
ナトリウム 12mg ビタミンB1 0.12mg
カルシウム 114mg ビタミンB6 0.23mg

○ミックスベリーのレシピ


ミックスベリーレアチーズケーキ
用意するもの(18cm型)
●グラハムクッキー 200g
●バター 40g
☆ミックスベリーorブルーベリー(冷凍) 200g
☆ワイン 50ml
☆蜂蜜 1/4カップ
☆ゼラチン 3g
クリームチーズ 200g
ブラウンシュガー 20g
生クリーム 1/2カップ
レモン汁 大さじ1

作り方
1.ブルーベリー・ワイン・蜂蜜を煮た後に、実と汁を別けておく。
2.1の汁のほうにゼラチンを加えて混ぜ冷水につけておく。
3.砕いたグラハムクラッカーとバターを混ぜて型に敷き詰めておく。
4.クリームチーズと砂糖を混ぜ、混ざったら生クリームとレモン汁を加えて混ぜる。
5.1の実と4を混ぜる。
6.クッキーを敷き詰めた型に5を流しいれる。
7.2のソースを6に流しいれ冷蔵庫で冷やす。
8.できあがり〜♪




当社の商品の栄養に関するお話の記述は、栄養素及び食品に関する一般情報であり、商品の効能を示すものではない事を予めご了承の程お願い致します。