8/9(木)10:00〜8/23(木)09:59

 









































































2018年8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
が定休日です。
(出荷は月〜金の営業日のみ行っております)

江戸屋 > TOP > ドライフルーツ・ナッツの成分とお話 > トマトのお話

トマトのお話 成分とレシピ
美味しく食べて健康になろう!

○トマトのお話
体内の活性化酸素を撃退!
トマトの赤、リコピン(カロテノイド系)は、体の組織を酸化させる“活性酸素”の発生を抑える抗酸化作用を持っています。リコピンは熱に強く、加熱調理でも失われません。

高血圧を予防する!

トマトに含まれるカリウム、これが高血圧の原因となるナトリウムの排泄を促します。カリウムは加熱すると水分とともに流れます。
スープ・ジュースなどで丸ごととるのが理想的です。
トマトはアルカリ性、血液浄化作用も◎!
血液中も尿酸を尿と共に排泄する作用もあります。

体のむくみをとる効果!
トマトには体の余分な熱を冷ます効果があります。

リコピンで白い肌!
リコピンはメラニン生成を促す活性酸素を抑制し、メラニン生成酵素「チロシナーゼ」の働きを抑えます。この効能が美白につながるのです。

トマトの成分!
トマトのカロリーは他の果実的野菜と同様に低く、またシトラール・ヘキサール・ヘキサナールなどの独特の香りで成分を含有しており、肉の臭み消しに高い効力を持っています。
甘味成分のグルタミン酸を多く含み、料理の味を良くし、酸味は油っこさを消す効果もあります。

○トマトの成分
 エネルギー 354.50kcal  ナトリウム 28.1mg
 たんぱく質 0.54g  炭水化物 87.88g
 脂質 0.11g  水分 10.50g
 糖質 70.07g  鉄分 0.43mg
 食物繊維 0.72g  ビタミンC 3.82mg
                              参考:日本食品標準成分表

○トマトのレシピ

〜ドライトマトのスパゲティ(2人分)〜
用意するもの
ドライトマト(ホール) 30g
ルッコラ 10g
にんにく 1片
オリーブオイル 大さじ3杯
赤唐辛子 1本
トマトピューレ 大さじ3杯
ロングパスタ 160g
マギー 化学調味料 無添加コンソメ 1本
パルメザンチーズ

作り方
1.ドライトマトは湯で戻して刻み、ルッコラは一口大に切り、にんにくをみじん切りします。
2.フライパンにオリーブオイル、1.のドライトマト・にんにくは種を除いて輪切りにした赤唐辛子を
 入れて火にかけ、香りが出たら、トマトピューレを加えます。
3.2.のフライパンにゆでたロングパスタ、マギー 化学調味料無添加コンソメ、1.のルッコラ入れ、
 ゆで汁を加えながら絡めて器に盛り、スライスしたパルメザンチーズ散らします




当社の商品の栄養に関するお話の記述は、栄養素及び食品に関する一般情報であり、商品の効能を示すものではない事を予めご了承の程お願い致します。