2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
が定休日です。
(出荷は月〜金の営業日のみ行っております)

江戸屋 > TOP > ドライフルーツ・ナッツの成分とお話 > スイートパインのお話

ジューシーパインのお話 成分とレシピ
美味しく食べて健康になろう!

○ジューシーパインのお話
デザートだけでなく、肉料理にも良く登場しますが、これはパイナップルの持つ酸味が肉に良く合うからではありません。含まれているタンパク質分解酵素のプロメリンが、肉の消化を助けてくれるのです。また、酸化の素であるクエン酸にも胃液の分泌をよくする働きがあり、プロメリンと合わせて消化を促し、胃腸を健康に保ってくれます。

ドライパイナップルは多い糖質とビタミンB1のおかげで、新陳代謝を活発にして疲労回復を早めるので、運動後の筋肉疲労・夏バテに最適です!!

パイナップルはおなじみの果実ですが、その名前の語源は形が松かさ(PINE)、味がりんご(APPLE)ににているところからつけられたんだそうです!ご存知でしたか?

パイナップルにあるたんぱく質を分解する酵素ブリメロンは、肉を柔らかくして消化を助けます。また、酸味成分のクエン酸は、よりいっそう胃腸をサポートします。
また、このブリメロンはたんぱく質でできている痰(たん)を分解し溶かしてくれるので、気管支炎や喘息の方には特に有効であると言われております。


○パイナップルの成分(100gあたり)

 エネルギー 345kcal  ナトリウム 28.5mg
 たんぱく質 0g  カルシウム 24.7mg
 脂質 0g  鉄 0.58mg
 糖質 84.3g  食物繊維 1.8g
                       参考:日本食品標準成分表

○パイナップルのレシピ

◆パイナップルローズ◆
用意するもの
・強力粉・・・200g
・薄力粉・・・50g
・ドライイースト・・・小さじ1杯と1/4
・卵黄・・・1個分
・パイナップルジュース・・・150ml
・砂糖・・・大さじ4杯
・塩・・・小さじ3/5杯
・スキムミルク・・・大さじ1杯
・バター・・・30g
・仕上げレーズン・乾燥パイン・・・25g

作り方
1.一次発酵が終わったらフィンガーテストをします。きちんと発酵できていたらカード
  で取り出し、20分割して丸め、10分間ベンチタイムをおきます。
2.4つの生地を少しずつ大きさの違う4枚の円形にのばし、
  1番小さいものの中央に一列にレーズンを並べます。
3.レーズンをのせた生地をくるくると巻き、その表面に水を塗りながら抱き合わせる
  ように次に小さい生地で包みます。残りの2枚の生地も、抱き合わせに貼り付けて
  生きます。
4.包丁で上下ふたつに切り離し、切り口が下になるようにアルミホイルに入れます。
  残りの生地も、4枚一組で同じようにローズを形作っていきましょう。
5.天板に並べ、二次発酵させます。
6.180℃で10分、170℃で下げて8分焼きます。




当社の商品の栄養に関するお話の記述は、栄養素及び食品に関する一般情報であり、商品の効能を示すものではない事を予めご了承の程お願い致します。