2018年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2018年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
が定休日です。
(出荷は月〜金の営業日のみ行っております)

江戸屋 > TOP > ドライフルーツ・ナッツの成分とお話 > ジャイアントコーンのお話

ジャイアントコーンのお話 成分とレシピ
美味しく食べて健康になろう!

○ジャイアントコーンのお話
一種の大きさ(直径)が 2 cm くらいあるが、とうもろこしの房自体の大きさは普通のとうもろこしとあまり変わらない。つまり、軸が細い。甘みはあまりなく、ややボソボソした食感がする。

ペルー中南部ウルバンハ地方 3000 m の高地のごく限られた地域でのみ栽培され、遺伝子組み換え品種も存在しない。日本で栽培しようとしても、実は大きくならないらしい。

主に南米のアンデス地方(ペルー・ボリビア・チリ)で食用とされる。現地ではチョクロ(choclo)と呼ばれている。スープに入れたり、肉料理などの添え物として用いられ、極めて庶民的な食材である。柔らかく融かしたチーズヤホォ(サルサ)を付けて食べることも多い。アンデス地方の田舎では、保存食料とするためにジャイアントコーンを軒先にほしている光景がよく見られる。

日本では油で揚げ、塩をまぶしたものをおつまみとして食べることが多い。カシューナッツなどのナッツ類と混合し、おつまみ用のパックとしてスーパーマーケットなどで販売され、程よい塩加減と歯ごたえの良さに人気がある。また、爆裂種のトウモロコシによるものではなく、膨化によるポップコーンの原料としても使用される。

ジャイコーン(ジャイアントコーン)は、特に歯ごたえがよく、中高年にとっては脳に刺激を与えストレスの解消に役立つそうです。ビタミンB1.B2が含まれており、疲労回復等に効果があるといわれています。
植物繊維は、豊富に含まれています。

○ジャイアントコーンの成分(100gあたり)

 エネルギー 435kcal  鉄 1.3mg  ビタミンE 1.7mg
 たんぱく質 5.7g  マグネシウム 88mg  カリウム 8mg
 脂質 11.8g  食物繊維 10.5g  ナトリウム 430mg
 炭水化物 76.6g  ビタミンB1 0.08mg  ビタミンB6 0.11mg
                                五訂日本食品標準成分表より

○ジャイアントコーンのレシピ

◆オジュキート&チョクロ◆

用意するもの
《材料》4人分
オジュキートの素 ・・・1袋
ジャイアントコーン ・・・1/2缶
豚バラ肉 ・・・250g
パリージョ ・・・小さじ1

玉ねぎのみじん切り

・・・大さじ2
おろしにんにく ・・・1片
・・・大さじ1
・・・3.5カップ


作り方
1.お鍋に油を熱しおろしにんにく、みじん切りした玉ねぎ、パリージョを入れよく炒めます。
2.1に細切りに切った豚バラ肉を入れ、よく炒め混ぜます。
3.2のお鍋に水3と1/2カップを加え、約15分煮込みす
4.3のお鍋に品1袋を加え、よく混ぜます。中火で約35〜40分間を煮込みます。
  火を止め、ジャイアントコーンを入れます。
5.お皿にご飯と出来上がったオジュキートを盛りつけます。





当社の商品の栄養に関するお話の記述は、栄養素及び食品に関する一般情報であり、商品の効能を示すものではない事を予めご了承の程お願い致します。