2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2018年5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
が定休日です。
(出荷は月〜金の営業日のみ行っております)

江戸屋 > TOP > ドライフルーツ・ナッツの成分とお話 > 黒いちじくのお話

黒いちじくのお話 成分とレシピ
美味しく食べて健康になろう!

○いちじくのお話
イチジクは漢字で書くと、「無花果」。その由来は、花を咲かせずに実をつけることから、といわれています。しかし、イチジクの花は本当に無いのではなく、外見から見えないだけで、実の中に小さな花をつけているのです。果実を半分に切ると、赤いツブツブがたくさん見えますが、あれがイチジクの花なのです。数えると、なんと2000個近くの花が存在しているのだとか!この花が熟すと種になって、イチジク独特のプチプチした食感を生むのです。収穫は秋と夏の年に2回。夏果は、前年の枝に着生した果実が越冬して7月頃に熟し、秋果はその年の新しい枝に着生した果実が8〜10月に熟します。毎日一果実ずつ熟することから、「一熟(いちじゅく)」から転じて「イチジク」という名がついたという説があります。
新鮮な果実を見極めるコツは、ヘタの切り口を見ること。ここに白い液体がついているものは新鮮なサインです。この白い液体の正体は“フィシン”というたんぱく質酵素。果実が傷ついた時、外から進入してくる細菌を殺すためにあるといわれています。“フィシン”は、肉を柔らかくする働きがあるので、肉料理に用いたり、消化促進の作用があるので、食事の後のデザートにも適しています。

○いちじくの種類
◆桝井(ますい)ドーフィン

イチジクは、品種改良がほとんど行われないことから、栽培のしやすさと日持ちの点から、日本で栽培される8割を占めています。大きくて甘味があるのが特徴。

◆蓬莱柿(ほうらいし)

江戸時代に中国から伝わってきた古種のイチジクで、日本で栽培される残り2割がこの種類です。関西以西で栽培されていますが、日持ちが悪いため、関東では出回っていません。甘味が強く小さめサイズが特徴。

◆スミルナ種
世界最大のイチジク生産国である、トルコの生産9割を誇るのが、スミルナ種。主にドライフルーツとして利用されます。皮が白く肉厚で、凝縮された甘味と、バニラのような香りが特徴です。カリフォルニアでは「カリルミナ種」と呼ばれて生産されています。

◆ブラックミッション種
果皮が白いスミルナ種に対して、黒い果皮の外見から、黒イチジクとも呼ばれるブラックミッション種。主にカリフォルニアで生産されます。ソフトでネットリ感が強く、プルーンのようなコクのある深い甘味が特徴。

○いちじくの成分(100gあたり)
 エネルギー 248kcal  灰分 2.0g  糖質 56.06g
 たんぱく質 3.53g  脂質 1.02g  食物繊維 3.9g
                             参考:日本食品標準成分表

○黒いちじくの食べ方

〜ジャガイモと黒いちじくのいが栗揚げ〜


用意するもの
・じゃが芋・・・・・・・・・1個(正味約150g)
・黒いちじく・・・・・・・・3個
・塩・コショウ・・・・・・少々
・卵白・・・・・・・・・・・・1個分
・そうめん・・・・・・・・・適量
・油・・・・・・・・・・・・・適量(揚げ用)

作り方
1. じゃが芋と大根菜をそれぞれ茹でる。
2. じゃが芋をつぶし、みじん切りした大根菜と細かく刻んだフィッグを加える。
3. 塩・コショウを加えて一口大に丸め、卵白をつけて1.5cmに切ったそうめんをつけて180℃で揚げる。




当社の商品の栄養に関するお話の記述は、栄養素及び食品に関する一般情報であり、商品の効能を示すものではない事を予めご了承の程お願い致します。