8/9(木)10:00〜8/23(木)09:59

 









































































2018年8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
が定休日です。
(出荷は月〜金の営業日のみ行っております)

江戸屋 > TOP > ドライフルーツ・ナッツの成分とお話 > クコの実のお話

クコの実のお話 成分とレシピ
美味しく食べて健康になろう!

○クコの実のお話
名実ともに中国4千年の味です。昔から滋養強壮剤として伝統料理やお茶として使われてきました。
ナス科の落葉低木クコの成熟果実を乾燥させたものです。漢方では、古くから不老長寿の製薬として用いられています。日本では平安時代の頃から、貴族の間で不老長寿の万能薬として珍重されていたようです。

肝臓を保護する、体力をつける、めまい・かすみ目・視力減退・白内障・老眼進行といった目のトラブルにはよく知られています。肝臓に対しての作用については、肝細胞内への脂肪の沈着を抑え、肝細胞の新生を促進する事が実験で明らかになっています。

クコの実に含まれるベタイン・ゼアキサンチン・リノール酸は、血管壁を丈夫にし、脂肪や肝や動脈硬化・高血圧・低血圧などに認められています。また、クコの実に含まれるルチンには毛細血管強化、老化抑制作用があります。

リノール酸はコレステロールを体内に排出し血管壁への沈着を抑えるほか、利尿・解熱などの作用があります。

薬膳料理の素材として知られているのは、主に眼病の効能です。目の老化を防ぐというもので、老人性白内障や老眼、はやり目に良いとされています。また肝臓や腎臓、疲労回復にも良いと言われ、重宝されています。

○クコの実の栄養成分(100g当たり)
 エネルギー 328kcal  ナトリウム 610mg
 たんぱく質 12.6g  水分 6.9g
 脂質 0g  食物繊維 73g
 糖質 1.9g
                                   参考:日本食品標準成分表

○クコの実のレシピ

◆クコの実粥◆
用意するもの
・かゆ・・・1パック
・クコの実・・・小さじ1杯
・生姜・・・小さじ1/2杯(すりおろす)
・キクラゲ・・・2g(水に浸けてもどす)
・くるみ・・・大さじ1/2杯(粗みじん)
・万能ネギ・・・大さじ2杯(小口切り)

〜作り方〜
1.かゆに分量の水を入れ、火にかける。
2.戻したキクラゲを小さくちぎって加える。
3.沸騰してきたら、塩少々を加え、生姜を入れてひと混ぜし、クコの実を加え火を止める。
4.器に盛り、くるみと万能ネギを添える。

◆クコ酒◆
〜作り方
1.クコの実200gは白い布巾の上に広げる。
2.保存瓶に1と焼酎またはホワイトリカー1.8リットル、氷砂糖100gを入れ、冷暗所に保存する。
3.3〜4ヵ月後に布巾でこして、実を取り除く。
4.完全に熟成するには、さらに1〜2ヶ月置いておく。
5.琥白色の美しいクコ主が出来上がる
※毎日少量ずつ飲むが、アルコールに弱い人は少量のハチミツを加え水で割って飲むと良い。低血圧の方は寝る前に飲むと良い。

◆クコ茶◆
クコの実を入れたカップに熱湯を注ぎ、3分で出来上がり。
ふやけて倍以上の大きさになった実はとても美味しくいただけます。

◆クコジャム◆
〜用意するもの〜
・クコの実・・・50g
・砂糖・・・40g

〜作り方〜
1.クコの実を入れた小皿に水をひたひたになるくらい入れ、あらかじめ電子レンジでチンしておく。
2.1をお鍋にあけて砂糖を加え、火にかける。
※この時、レモン汁を加えると味が引き締まります。
3.強火で鍋の内側が焦げないようにかき混ぜます。
4.ほど良く煮込み、クコの形が崩れてきたら火を止める。
5.保存する場合は、熱湯消毒した瓶にジャムを詰め、しっかりと蓋をしてひっくり返します。

◆クコの実と牛肉炒め◆

〜用意するもの
・クコの実・・・20粒
・牛肉・・・200g
・レタス・・・2枚
・ネギ・・・60g
・白絞油・・・3カップ(油通し用)
・ごま油・・・少々

---煮汁---
・鶏がらスープ・・・40c
・かき油・・・大さじ2杯
・酒・・・少々
・醤油・・・少々
・砂糖・・・少々
・コショウ・・・少々
・水溶き片栗粉・・・小さじ2杯

〜作り方〜
1.クコの実は水に10分ほど浸す。
2.牛肉は細い千切り、ネギは小口切り、レタスは洗って千切りする。
3.フライパンに青梅の白絞油を熱し、2の牛乳を低温でさっと油通しして、よく油をきる。2のネギを加えて炒める。
4.3の牛肉を入れて、クコの実と煮汁を入れて絡め、ゴマ油で香り付けする。
5.器にレタスを敷いて、4を盛り付ける。

◆クコの実いなり寿司◆
〜用意するもの〜
・すし飯・・・カップ6杯
・油揚げ・・・6枚
・クコの実・・・30g
・ごぼう・・・1/2本
・栗(市販の甘栗)・・・50g
・黒ゴマ・・・大さじ2杯

---調味料---
・砂糖・・・大さじ5杯
・醤油・・・大さじ6杯

---煮汁---
・だし汁・・・カップ1杯
・醤油・・・小さじ2杯
・みりん・・・小さじ1杯
・塩・・・少々

〜作り方
1.油揚げをすりこぎで軽く叩き、開きやすくしてから対角線を切る。
2.1を袋状に開き、熱湯を通して油抜きをしたら、鍋にひたひたの水を加えて煮立てる。
3.砂糖を入れて、2〜3分煮たら、醤油も加えて煮詰める。
4.ゴボウは皮をこそいで細かいささがきにする。
5.水にさらしてアクを抜き、クコの実・だし汁・みりん・醤油・塩で煮る。
6.栗の皮をぬいて細かく刻み、黒ゴマ・5と共にすし飯に混ぜ、2の油揚げに詰める。

◆クコの実入れコーンスープ◆

〜用意するもの〜

・コーン・・・大さじ4杯(缶詰でも良い)
・卵・・・1個
・クコの実・・・大さじ1杯
・万能ネギ・・・1本
・コンソメスープの素・・・1個
・塩・・・少々
・コショウ・・・少々
・片栗粉・・・小さじ1杯

〜作り方〜
1.鍋にコーン、クコの実、コンソメスープの素、水1.5カップを入れて煮立てる。
2.味付けし、水溶き片栗粉でとろみをつけ、溶き卵を流しいれる。
3.火を止めて、容器に移しネギを散らす。

◆クコの実と長ネギ油ソース鶏◆
〜用意するもの〜
・クコの実・・・15g
・鶏胸肉・・・2枚
・カイワレ大根・・・1パック
・長ネギ・・・2本
・生姜・・・2片

〜作り方〜
1.クコの実は洗って老酒をふりかけ柔らかくしておく。
2.ネギ1本を千切りにし、生姜薄切り5枚を残して切り、鶏肉は塩をすり付け、老酒をふりかけ、薄切り生姜とネギを乗せ、20分ほど蒸す。
3.鶏肉を切り、残りの長ネギと生姜・クコの実を乗せ、カイワレ大根を添える。
4.醤油・ごま油・鶏の蒸し汁を合わせ、全体に絡める。


そのまま毎日20粒程を召し上がるか、ホワイトリカーなどに漬けてクコ酒にして飲まれても良いと思います。パンに混ぜても美味しいです。




当社の商品の栄養に関するお話の記述は、栄養素及び食品に関する一般情報であり、商品の効能を示すものではない事を予めご了承の程お願い致します。