7/14(土)10:00〜7/23(月)09:59

 

























































































2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2018年8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
が定休日です。
(出荷は月〜金の営業日のみ行っております)

江戸屋 > TOP > ドライフルーツ・ナッツの成分とお話 > キンカンのお話

キンカンのお話 成分とレシピ
美味しく食べて健康になろう!

○キンカンのお話
かぜや肌荒れには柑橘類が効果的。柑橘類には多種類ありますが、成分や効用はほぼ同じ。冬が旬の温州みかんやゆず、きんかんなどを積極的に摂り、健康な生活に役立てましょう。

柑橘類は美肌の味
柑橘類はビタミンCの宝庫。温州みかんなら1個食べれば1日の必要量の4分の1が摂れます。ビタミンCには、肌の弾力性のもとであるコラーゲンの生成を促進する働きがあり、しっとりしなやかな肌づくりに欠かせません。さらに、ビタミンCの抗ウイルス作用や抗菌作用、免疫力アップからかぜに柑橘類がおすすめ。ただし、食べ過ぎは体を冷やすので注意しましょう。

酸っぱい成分で疲労回復
酸味が柑橘類の味の特徴ですが、その味をつくり出している主体はクエン酸。クエン酸は血行を高め、筋肉にたまっている疲労物質の乳酸を取り除くのに役立ちます。温州みかんに多いビタミンB1も疲労回復を助けます。

袋ごと食べれば便秘解消効果がアップ
果皮や実を包む袋には食物繊維ペクチンがたっぷり。袋ごと食べれば便秘解消に役立ち、肌荒れ防止に。食物繊維は腸からのコレステロール吸収を抑え、血中のコレステロール値上昇も防ぎます。

○キンカンの成分
 エネルギー 337.26kcal  食物繊維 4.43g
 たんぱく質 1.1g  鉄 0.3g
 脂質 0.43g  カルシウム 86.8mg
 糖質 77.84g  ビタミンC 82.9mg
 ナトリウム 240mg  灰分 0.97g

○キンカンのレシピ
◆キンカンの甘煮◆
作り方
1.
きんかんはきれいに洗い、縦に切り目を入れてたっぷりの水に入れ、一度ゆでこぼして苦味をとります。
2.鍋にのきんかんとひたひたの水、きんかんの重さの1.5倍程度の砂糖を入れて火にかけ、ツヤが出るまで弱火で煮詰めます。
実はもちろん、煮汁にも効き目がありますから、薄めて飲みましょう。

キンカン酒
用意するもの
・キンカン・・・500g
・ホワイトリカー・・・1.8リットル

作り方
1.冷暗所にて2ヶ月置いて出来上がり。




当社の商品の栄養に関するお話の記述は、栄養素及び食品に関する一般情報であり、商品の効能を示すものではない事を予めご了承の程お願い致します。