2018年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2018年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
が定休日です。
(出荷は月〜金の営業日のみ行っております)

江戸屋 > TOP > ドライフルーツ・ナッツの成分とお話 > 完熟マンゴーのお話

完熟マンゴーのお話 成分とレシピ
美味しく食べて健康になろう!

○完熟マンゴーのお話
マンゴーは、βカロチン・カルシウムがたっぷりの南国フルーツで肺ガン予防に効果があり、適度な甘さと酸味・独特の香りを持った軟らかくジューシーなドライフルーツです。

更年期を過ぎた女性は骨粗しょう症の危険性が高くなります。甘くて美味しいマンゴーで、無理なく手軽にカルシウム補給をしましょう。
熟したマンゴーは、ミネラル成分が多く含まれています。また、ビタミンが多く含まれ、特にビタミンAは他の果物に比べ多く含まれているのがマンゴーの特徴です。ビタミンAは目の疲れや目の乾き防止に効果があるといわれています。コンタクトレンズをご使用される方やパソコンを使われる方は是非マンゴーを食べていただきたいと思います。(※ビタミンAはたんぱく質と一緒に摂取することによって、目や皮膚に効率よく吸収されるそうです。)

マンゴーには天然のβカロチンが豊富です。これは、体内で必要なだけビタミンAに変わります。タバコをお吸いの方におすすめです。

・漆(うるし)科。枝を切ったりするとかぶれることがあります。
・高さは10mぐらいになります。
・インド北部からマレーシアにかけての南アジア地方原産。
・インドでは約6000年も前から栽培されているそうです。
・日本には明治中期に渡来し、奄美大島や小笠原諸島で栽培されています。
・3月から4月頃開花します。
・実は初夏に熟します。
・実の中に1個大きな核があります。
・多汁で甘く、独特の香りがあります。
・実の色、形には2種類あります。
・東南アジアからの輸入物→黄色・小型・扁平。
・メキシコ等からの輸入物→赤色・大型・丸い。


○完熟マンゴーの成分(100gあたり)
 エネルギー 335kcal  カルシウム 88.5mg
 たんぱく質 0.6g  糖質 80.2g
 脂質 0.2g  糖分 68.9g
 食物繊維 2.4g  鉄 0.56mg
 ナトリウム 198mg
                                  参考:日本食品標準成分表 

○完熟マンゴーの食べ方
◆マンゴーマフィン◆

用意するもの
・パンケーキミックス・・・約100g
・無塩バター・・・約40g
・ドライマンゴー・・・40g
・卵・・・1個
・砂糖・・・スプーン3杯
・レモン汁・・・若干
・牛乳・・・40ml

作り方
1.ドライマンゴーを細かく切ってフードプロセッサーに入れ、粉々になるまで約30秒かける。
2.パンケーキミックスをフードプロセッサーに入れて、冷たいままのバターをおおよそ5gずつに分けて加え、約30秒かける。
3.その他の材料を加えて更に10秒フードプロセッサーをかける。
4.マフィンの型にバターを塗って、フードプロセッサーの中身を流しいれる。
5.天板にマフィンを並べ、オーブントースターで約4分焼き、1分休ませて、焼むらがあるならマフィンの向きを変えてさらに様子を見ながら約3分焼く。




当社の商品の栄養に関するお話の記述は、栄養素及び食品に関する一般情報であり、商品の効能を示すものではない事を予めご了承の程お願い致します。