2018年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2018年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
が定休日です。
(出荷は月〜金の営業日のみ行っております)

江戸屋 > TOP > ドライフルーツ・ナッツの成分とお話 > オレンジのお話

オレンジのお話 成分とレシピ
美味しく食べて健康になろう!

○オレンジのお話
オレンジはみかんとは違います。みかんと同じ柑橘系の果物ですが、オレンジはみかんよりも味が濃く、甘いという特徴があります。また、香りもオレンジとみかんとでは違います。

ビタミンC
オレンジにはビタミンCが沢山含まれており、オレンジを摂取することにより、美肌作用、二日酔い解消、風邪予防などに効能を得ることが出来ます。オレンジに含まれるビタミンCの量は1日のビタミンC所要量の半分近くとなっており、ビタミンCの栄養を補給するのにおすすめの健康食材と言えます。

カリウム
オレンジはカリウムなどのミネラル栄養成分を豊富に含んでおり、特にカリウムは高血圧の予防や筋肉増強といった効能を体にもたらせてくれます。

オレンジのその他の栄養分としては、美は抱こうかを持つ「ビタミンA」・疲労回復の効果がある「クエン酸」・夏バテに予防効果がある「ビタミンB1・ビタミンB2」などがあり、オレンジは栄養が豊富な健康食材となっています。


○オレンジのレシピ

ドライフルーツオレンジ入りパン

用意するもの
強力粉     300g レーズン     50g
砂糖       45g ドレンチェリー  30g
塩        3g オレンジピール 30g
ラム酒     大さじ1 アンゼリカ    30g
卵        90g レモン(汁・皮) 1/4コ
牛乳       90g ぬり用サラダ油 適量
無塩バター   90g ドリュウル     適量
インスタントドライイースト8g


作り方
1.レーズンは湯洗いし、他のドライフルーツと共に刻んで、レモン(汁・皮)、ラム酒を加えます。
2.粉、砂糖、塩を合わせてふるい、パンミキサーのポットに入れて、インスタントドライイーストも
  合わせます。
3.卵と牛乳を合わせ、仕込み水温(約28℃)にします。
4.タイマーを20分に合わせ、(3)を少しずつ加えます。
  タイマーが切れる1〜2分前に混ぜる速度を「低速」に切り替えて(1)を加えます。
5.生地がまとまれば、バターを加えます。
6.回転が止まれば、中蓋をしてポット内で第1発酵をさせます。(約50分間)
7.2個に分割し、各々丸めてベンチタイムをとります。(約10分間)

<形成します>
8・生地を型の長さに合わせて長方形にのばします。端から巻く。
  巻き終わりをしっかりとじ、とじ目を下にし、サラダ油を塗ってから、
  硫酸紙を敷いた型に入れ、ホイロ(最終仕上げ発酵)します。(約40分間)

<焼きます>
9.ドリュウルをぬって、ガス高速オーブンで焼きます。(160℃前後、約15分)

※温室により、仕込み水温・発酵時間が異なります。状態をみながら発酵させましょう。




当社の商品の栄養に関するお話の記述は、栄養素及び食品に関する一般情報であり、商品の効能を示すものではない事を予めご了承の程お願い致します。