2018年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2018年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
が定休日です。
(出荷は月〜金の営業日のみ行っております)

江戸屋 > TOP > ドライフルーツ・ナッツの成分とお話 > オクラのお話

オクラのお話 成分とレシピ
美味しく食べて健康になろう!

○オクラのお話
オクラは独特のぬめりのせいで、好き嫌いがはっきり分かれる食品のようです。このぬめりは、ガラクタンやアラバン、ペクチンなどの食物繊維です。これらには整腸作用やコレステロールを低下させる働きがあるのは有名です。ペクチンは、血糖値の急上昇を抑え、糖尿病予防にも効果があるとされています。その他にも、カルシウム、鉄、カロチン、鉄、カロチン、ビタミンCを含んでいて、栄養価も高く、夏バテ解消にはもってこいの食品です。

○オクラの栄養成分(100gあたり)
 エネルギー 521kcal  灰分 2.8g  脂質 35.5g
 ビタミンC 139mg  炭水化物 42.6g  鉄分 1.35mg
 たんぱく質 6.08g  食物繊維 6.7g
                                   参考:日本食品標準成分表

○オクラのレシピ

簡単オクラの胡麻和え

用意するもの(2人分)

おくら 1パック
下準備用
●すりごま たっぷり
●きび砂糖 小さじ1/2
●白だし 小さじ1

作り方
1.下準備としてオクラに塩をふり、まな板にすりすりしておく。
2.水で洗ったら、お好みの大きさに切ってレンジで3分!
3.チンして火が完全に通ったら、●を加えよ〜く混ぜたら出来上がり!
  (事前に材料を合わせていた方が混ぜやすいかもです。)

トマトとオクラのスープ

用意するもの
300cc
ミニトマト 2ケ〜
オクラ 3本〜
コンソメ 1ケ
黒胡椒 適量

作り方

1.トマトに包丁で軽く十の字を入れる(皮を剥きやすくするため)、オクラを塩(分量外)でこする。
2.鍋にお湯(分量外)を沸かし、トマトの皮を剥く、そのお湯でオクラを茹でる(塩がついたままでOK)
3.トマトを半分に切る。オクラを1cmくらいの輪切りにしておく。
4.鍋に水を入れ、沸かし、コンソメを入れる。
5.再び沸騰したら、火を止め、オウラを入れる。器に注ぎ、黒胡椒をかけて完成!

○オクラの食べ方
(1)夏バテ防止のために積極的に食べたい野菜です。
  アルコールから胃壁を守る効果もあり、お酒のおつまみにも最適です。
(2)ムチンは水に溶けるので生で食べるのが一番!
(3)ゆで時間は短時間にして、スープやカレーなどの煮込み料理に使えば栄養成分を
  無駄なく取ることができます。




当社の商品の栄養に関するお話の記述は、栄養素及び食品に関する一般情報であり、商品の効能を示すものではない事を予めご了承の程お願い致します。